SEVENTH-DAY ADVENTIST CHURCH

なぜ日曜日でなく土曜日が安息日なのか?

  • HOME »
  • SDAとは »
  • なぜ日曜日でなく土曜日が安息日なのか?

なぜ安息日が第七日(土曜日)なのか

聖書には安息日について書かれてあります

「こうして天と地と、その万象が完成した。神は第七日にその作業を終えられた。・・・神はその第七日を祝福して、これを聖別された」(創世記 2章1、3節)

「安息日を覚えて聖とせよ。六日のあいだ働いてあなたのすべてのわざをせよ。七日目はあなたの神、主の安息である」(出エジプト記 20章8~10節)

「さて、安息日が終わって、週の初めの日の明け方に、マグダラのマリヤとほかのマリヤとが墓を見に来た」(マタイによる福音書 28章1節)

「週の初めの日の朝早く、イエスはよみがえって、まずマグダラのマリヤにご自身をあらわされた」(マルコによる福音書 16章9節)

「もし安息日にあなたの足をとどめ、・・・これを尊んで、おのが道を行わず、おのが楽しみを求めず、むなしい言葉を語らないならば、その時、あなたは主によって喜びを得」る(イザヤ書 58章13、14節)

「安息日は人のためにあるもので、人が安息日のためにあるのではない」(マルコによる福音書 2章27節)

以上は安息日についての聖句の一部ですが、第七日(土曜日)が安息日であることが明らかです。イエス・キリストが金曜日に亡くなられ、日曜日に復活されたこともこれらの聖句からわかります。

一般のキリスト教会が日曜日に礼拝しているのはなぜか?

それは教会が聖書の根拠なく「変更した」と主張し(その変更が聖書に基づいていないことを知らない教会もある)、紀元4世紀頃から日曜日の礼拝が続いているためです。

「われわれは、七日目でなくて、第一日を聖なる日とする」(カトリック教会・教理問答)

「プロテスタントの日曜日遵守は、彼らが、それとは気づかずに、カトリック教会の権威に従っているのである」(Mgr.Segur著『Plain Talk About the Protestantism of Today』213頁)

以上より、聖書をよく読むと、安息日は日曜日でなく土曜日であることがわかります。

ただ、日曜日を大切にしている他の教会の方々に対しては、遵守する曜日こそ異なりますが、それ以外の教義は多くの点で共通しており、敬意をもって接するべきだと考えております。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-3402-1517

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.