SEVENTH-DAY ADVENTIST CHURCH

健康

菜食と禁酒禁煙

現代のストレスの多い生活環境は、思いがけないほど多くの生活習慣病を引き起こしています。また、食の西洋化に伴う高脂肪・多糖の食生活や、食事に含まれる化学調味料の摂取なども、健康を阻害する一因となっています。

さらに近年の鳥インフルエンザや狂牛病、ユッケ集団食中毒などに見られる動物の病気も肉食の危険性を示唆しています。

【健康に直結するライフスタイル】

そこで、私たちの教会が推奨しているのがベジタリアン(菜食)料理と[NEW START]プログラム、そして、禁酒禁煙です。

実際に、このライフスタイルを続けていると、生活習慣病に罹患する率が非常に少ないことが過去の統計で明らかになっています。私たちの教団が運営する日本三育学院(全寮制。HPのトップページにある「リンク」をご参照)では、三食とも菜食を実施していますが、以前、ここに東京赤十字血液センターが献血にきた時、他校の生徒に比して血液がきれいなことに驚いたといいます。

【ベジタリアンを推奨する聖句】

また、聖書には菜食を推奨する次のような言葉が書かれてあります。

「神はまた言われた、『わたしは全地のおもてにある種をもつすべての草と、種のある実を結ぶすべての木とをあなたがたに与える。これはあなたがたの食物となるであろう。』」(創世記 1章29節)

「野菜を食べて互に愛するのは、肥えた牛を食べて互に憎むのにまさる。」(箴言 15章17節)

NEW START

[NEW START]というプログラムを紹介しましょう。これは、健康に必要な8つの頭文字をとったプログラムです。

  • N  Nutrition(栄養)
  • E  Exercise(運動)
  • W  Water(水)
  • S  Sunshine(太陽)
  • T  Temperance(節制)
  • A  Air(空気)
  • R  Rest(休息)
  • T  Trust in God (信仰)

このNEW STARTプログラムでは、8つのメッセージを中心に、生活習慣病、アレルギー、頭痛、便秘、高血圧など、さまざまな病気の原因を探っていきます。また、料理に使われている油や白砂糖のもたらす害、病気と食べ物との関連を栄養学や生理学もふまえてわかりやすく実践的に教え、ベジタリアン(菜食)を奨励しています。そのほか、自然療法によるさまざまな手当の仕方や、水治療法などを紹介しております。

ベジタリアン

ベジタリアン(菜食)という言葉については、どれくらいご存知でしょうか。

【なぜ今、ベジタリアンか?】

肉食の動物には、肉食に適した歯や爪が備わっています。しかし、人間には生きている牛を割いて食べる機能はありません。消化器官も同じで、肉のように繊維の含まれていない食べ物を長時間体内に留めてしまうと、腸内に腐敗による大腸ガンなどを招いてしまう危険性があります。

また、肉食は、化学処理工場的な役割を担う肝臓にも余分な負担をかけてしまうのです。

【ベジタリアンは野菜だけか?】

ベジタリアンと聞くと、ただ野菜だけをウサギのように食べていると想像されるでしょうか。そうではありません。素材のそれぞれの味をうまくひきだして作るメインディッシュも含め、穀類、堅果類、果物、野菜、海藻類などのバランスのとれた食事にはバラエティーに富むメニューがたくさんあります。

また、野菜、豆、ナッツ、フルーツを使っておいしいデザートを作ることもできます。カフェインや精製された砂糖をまったく使わないデザートです。チーズなどの乳製品を使わないでピザもできます。もちろん、化学調味料を一切使いません。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-3402-1517

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.