SEVENTH-DAY ADVENTIST CHURCH

健康

健康 ~菜食と禁酒禁煙

アドベンチスト教会は、ベジタリアン(菜食)と[NEW START]プログラム、そして禁酒禁煙を推奨しています。
実際に、このライフスタイルを続けていると、生活習慣病になる率が非常に少ないことが過去の多くの統計で明らかになっています。

【ベジタリアン(菜食)】

食の西洋化に伴う高脂肪・多糖の食生活や、食事に含まれる化学調味料の摂取などは、健康を阻害する一因となっています。さらに近年の鳥インフルエンザや狂牛病、ユッケ集団食中毒なども肉食の危険性を示唆しています。

そこでアドベンチスト教会は、100年以上前から世界各地に穀物・卵乳菜食のポリシーを掲げる食品会社を持ち、日本でも約100年の歴史を有する三育フーズを運営しています。

菜食といっても野菜だけを食べているわけではなく、穀類、堅果類、果物、野菜、海藻類などのバランスのとれた、バラエティーに富むメニューがたくさんあります。

アドベンチスト教会が運営する三育学院でも菜食を推奨していますが、以前、ここに東京赤十字血液センターが献血にきた時、他校の生徒に比して血液がきれいなことに驚いたといいます。

 

また、聖書には菜食を推奨する次のような言葉が書かれてあります。

「神はまた言われた、『わたしは全地のおもてにある種をもつすべての草と、種のある実を結ぶすべての木とをあなたがたに与える。これはあなたがたの食物となるであろう。』」(創世記 1章29節)

「野菜を食べて互に愛するのは、肥えた牛を食べて互に憎むのにまさる。」(箴言 15章17節)

【NEW START】

[NEW START]とは、健康に必要な8つの頭文字をとったプログラムで、アドベンチスト教会の関連団体である日本健生協会が活動を推進しています。

  • N  Nutrition(栄養)
  • E  Exercise(運動)
  • W  Water(水)
  • S  Sunshine(太陽)
  • T  Temperance(節制)
  • A  Air(空気)
  • R  Rest(休息)
  • T  Trust in God (信仰)

このプログラムでは、8つのメッセージを中心に、生活習慣病、アレルギー、頭痛、便秘、高血圧など、さまざまな病気の原因を探っていきます。

また、料理に使われている油や白砂糖のもたらす害、病気と食べ物との関連を栄養学や生理学もふまえてわかりやすく実践的に教え、ベジタリアン(菜食)を奨励しています。そのほか、自然療法によるさまざまな手当の仕方や、水治療法などを紹介しています。

【禁酒禁煙】

アドベンチスト教会は、百年以上も前から禁酒禁煙を奨励し、一般の人々に心身の健康の理念を知っていただくために、薬物等の害に取り組む国際団体・国際テンペランス協会(以下ITA:本部はワシントンD.C.)を発足させました。

日本では1966年に日本禁煙協会を設立して、禁煙講習会の実施や新幹線の禁煙車両化など、禁煙の啓蒙に努めています。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-3402-1517

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.